車のガリレイ〜情報が一番大事〜

10万キロで買い換えた方がいいと言われている理由

10万キロで車は買い替えるべきだ。
なんて日本では定説化していますよね。
なので10万キロで車を買い替える人が多く、この数値1つのラインとなっています。

 

この10万キロで買い換える説。どのような理由があって10万キロなんでしょうか。
ちょっとその辺りを解説してみたいと思います。

 

最初の挙げられるのが、タイミングベルトの交換。
10万キロにもなると、車のタイミングベルトの交換時期になります。
このタイミングベルト、物自体は安いのですが、エンジンを一旦車から降ろさないといけないため、
工賃がかなりの高額となっております。

 

また、タイミングベルトの交換とともにウォーターポンプも交換しなければいけません。
そうなってくると、交換費用は安くても4万円かかります。

 

ですので、10万キロの車に4万円の出費もするようなら、
買い替えた方がいい。というのが1つの理由です。

 

故障も多くなる

 

次に挙げられるのが、10万キロを境に故障が多くなると言う説です。
ほとんどの方は、ディーラーの12ヶ月点検なんかしていないでしょう。
車検で定期交換部品を交換するだけだと思います。

 

そうなってくると、やはりメンテナンス不足で色々な箇所に負荷がかかってきますので、
10万キロ程度で故障する箇所が激増します。
今までどおり何事もなく快適なカーライフ・・・
というわけにはいかないでしょう。

 

故障のタイミングも違いますし、それぞれの修理費用もまちまち。
精神的にも経済的にもきつくなってきますので、買い替えのタイミングだと
されている説。

 

10万キロで買い換えた方がいいと言われている理由は以上となります。
ただ、ディーラーの定期点検も受けて、しっかりメンテナンスしている方は、
10万キロで買い換えてしまうのはもったいないでしょう。

 

あくまでも、あまりメンテナンスをしていない方の、買い替えの基準となりますので、
お間違いなく。