車のガリレイ〜情報が一番大事〜

車の経年劣化は査定に大きく響くのでしょうか?

車には経年劣化というものがあります。
乗っていなくても、徐々に劣化していくというものですね。
そういったことがあるため、年式が重要になってきます。
つまり、経年劣化が査定に響くと考えるよりは、何年式かが査定に響くということです。

 

車の査定では、走行距離と何年式という2つのことが主に取り上げられます。
もちろん、他にも査定ポイントは数多くありますが、まsずは年式と走行距離によって、ベースとなる査定金額が決まってくるのです。
そして、この年式というところには、実際に何年稼動している車か、ということは関係ありません。

 

例えば平成10年式で平成20年に査定してもらうと、10年落ちです。
この10年の中で3年間誰も乗っていない期間があったとしても、10年落ちに違いないのです。

 

このように経年劣化という考えは、車に関しては当たり前の発想と思っておくと良いでしょう。
それに、エンジンなどに関しては、常に車に乗っている方が、長持ちするとも言われています。
乗っていない期間が長いと、その間に経年劣化によってエンジンの調子が悪くなることもあるようです。

 

車の査定では、走行距離と何年式か、そして車の状態がどうなのか、という部分で勝負してくださいね。
もっと詳しく知りたい方は下記のサイトで詳しく解説されていますので、ご覧ください。
仙台 車買取査定