車のガリレイ〜情報が一番大事〜

下取りではなく買取をすすめる3つの理由

昔は買取よりも下取りの方が高く売れる。
なんて定説がありましたね。

 

しかし現在では下取りよりも買取の方が高く売れる。
ということは常識となっています。

 

下取りは一見、車を購入するのでその分高い査定額をつけてもらえそうですが、
なぜ買取の方が高く売却できるのでしょうか。
そのことについて詳しく説明していきます。

 

下取りのその後

 

1つ目の理由として挙げられるのが、
下取りの車の行方です。
ディーラーなんかで下取りしてもらった車。その後その車はどうなるかご存知でしょうか?
大体は、買取業者にそのまま流してしまいます。
なぜか、下取りした額よりも高く買い取ってくれるからです。

 

だから、店頭で販売したり、業者オークションに出品したりする手間がかかりません。
これが1つ目の理由です。

 

仕入れ先

 

2つ目の理由としては、買取業者の仕入れ先です。
買取業者が車を仕入れるには、もちろんお客さんから車を買い取らなくてはいけませんよね。
そしてその車を業者用オークションなどに出して、利益を得るのです。

 

ですから、お客さんから車を買い取らないことには、利益が出せないですよね?
ディーラーなんかの下取り額に負けていたら、それこそお客さんが全部下取りに取られてしまいます。
なので買取業者は、下取りに負けられないがゆえ、下取り額よりも高い査定額を提示してくれるのです。

 

利益元は?

 

そして3つ目、最後の理由としては、
利益がどこから来るのかです。
上でも説明しましたが、買取業者はの利益の元は車を売ってくれるお客さんです。
一方、ディーラーの利益の元といえばメーカーですよね。
メーカーから直接車仕入れて、店頭で売却する。

 

なにをいいたいかと言いますと、
チカラの入れ具合です。ディーラーの本職はメーカーから仕入れた新車を売却することですので、
中古車なんかにはチカラを入れている余裕はないです。

 

 

以上が買取をすすめる理由となります。
ご理解いただけましたでしょうか。

車買取の業者は、ジャンルが色々あります。社用車や輸入車やトラックなどと、本当に様々なものですね。それぞれ色々と特徴があるのですが、その1つは支払い方法だと思います。

 

支払い方法というのは、いわゆる現金払いや振り込みや小切手などですね。もっとも3つ目の小切手は、採用している所は非常に少ないのですが。アメリカなどでは多いようです。

 

そしてどれが採用されているかは、車種によって異なる一面があるのです。結論から言うと、トラックの場合は現金払いが多いです。そして一般車の場合は、なぜか振り込みが多いです。

 

トラック買取の業者で現金払いを採用している所は本当に多く、全体の5割を超えると思いますね。しかもその支払いのスピードもとても早く、早いところでは査定日当日に現金で支払ってくれる所もあります。一般車の買取業者でもそのような所がしばしば見られますが、トラックに比べると少なめですね。一般車で即日現金払いが可能な所は、全体の3割位かなというイメージがあります。

 

輸入車の場合も現金払いが採用されている所もたまに見られますが、どちらかというと銀行の方が多いようです。割合で言えば、現金払いが可能な所は2割位かなと思います。

 

つまり車種によって、現金払いが可能な所の割合が異なる訳ですね。

 

そして現金と振り込みのどちらの方がメリットが大きいかと言われれば、多くの方は現金と答えるのではないでしょうか。なぜならそちらの方法の場合は、二重査定が行われるリスクが低いからです。実際の支払い額が査定額よりも低くなる可能性が低いので、現金払いはメリットが大きいと思いますね。それを考えると、トラックを買い取ってくれる業者は売り手にとってはメリットが大きな支払い方法を採用していると思います。

中古車の買取なのですが、少しでも高く買取をして貰いたいのは当然の話だと思います。その場合、自分の事ばかり押し付けてしまってはいけないと思います。基本的に、中古車買取店に良いお客と思われなければならないでしょう。その良いお客というのは、安く手放す客という意味ではありません。この人の自動車を買い取りたいと思える客にならなければならないのです。

 

まず、そのためには相場をちゃんと知っておかなければならないのではないでしょうか。自分の買取をして貰いたい中古車がどれぐらいの値段で販売されているのかを見てみましょう。そのような情報は雑誌にも載っているでしょうし、他にも、インターネットサイト等を見ればすぐに分かるのではないでしょうか。

 

その場合には、同じ年式でなければなりません。そして距離やグレード、そして色が一致する物を選ばなければならないのです。もちろん、修復歴が有るか、無いかというのも非常に大きなポイントだと思います。それを見れば、同じ車種でも、値段が違うのがすぐに分かると思います。
スカイライン 下取り

 

そしてどんな自動車が高く販売しているのかをきちんと見極めましょう。細かな部分があります。サンルーフが無いかどうか、色の違いでどれぐらいの差が出ているのか等、他にも、何が人気の特徴になっているのかを見なければならないのです。

 

そうすればどのような自動車がその店では人気なのか、求められているのかを見極める事が出来ますので、まずは調べておく必要があるでしょう。

 

車買取なのですけれども、やはりその買取をして貰う時期というのはきちんと考えておかなければなりません。

 

つまりタイミングを外してしまうともしかしたら、数十万円の損をしてしまう事もありますので、気を付けなければならないという事です。

 

ただ、この次期についてなのですけれども、そればかりを気にしていても、もしかしたら損をしてしまう可能性が出て来るとも言えます。
それはどうしてなのかというと、自動車の査定額なのですが、売却する時期をずらせばずらす程、その自動車の価値は下がって行くという事なのです。
エルグランド 査定

 

ヘタをしたら待っている時にモデルが一つ上がる可能性もあるのです。
そうなれば、どうしても価値は大幅に下がってしまうという事なのです。

 

だから時期をずらすのは良いのですけれども、それは、損をしない程度で待つという事が前提になるのではないでしょうか。

 

ただ、これはなかなか難しい物かもしれません。
だから、モデルアップ情報等が無いかどうかをきちんと調べておかなければなりません。
そのためにも、情報をインターネットなどからきちんと集めていくのが重要になって来るのです。
情報を集める事によって得をする可能性が高くなっていくのです。

車には経年劣化というものがあります。
乗っていなくても、徐々に劣化していくというものですね。
そういったことがあるため、年式が重要になってきます。
つまり、経年劣化が査定に響くと考えるよりは、何年式かが査定に響くということです。

 

車の査定では、走行距離と何年式という2つのことが主に取り上げられます。
もちろん、他にも査定ポイントは数多くありますが、まsずは年式と走行距離によって、ベースとなる査定金額が決まってくるのです。
そして、この年式というところには、実際に何年稼動している車か、ということは関係ありません。

 

例えば平成10年式で平成20年に査定してもらうと、10年落ちです。
この10年の中で3年間誰も乗っていない期間があったとしても、10年落ちに違いないのです。

 

このように経年劣化という考えは、車に関しては当たり前の発想と思っておくと良いでしょう。
それに、エンジンなどに関しては、常に車に乗っている方が、長持ちするとも言われています。
乗っていない期間が長いと、その間に経年劣化によってエンジンの調子が悪くなることもあるようです。

 

車の査定では、走行距離と何年式か、そして車の状態がどうなのか、という部分で勝負してくださいね。
もっと詳しく知りたい方は下記のサイトで詳しく解説されていますので、ご覧ください。
仙台 車買取査定

車検は2年1回訪れるものですね。
日本法律で決まっているので避けることはできます。

 

さて、この車検ですが、みなさんどこに出していますか?
車を購入した販売店?近くのディーラー?行き着けの車屋?はたまたユーザー車検?
選択肢はいろいろありますね。

 

この車検業者の選択について、特別悩まないことが多いでしょう。
しかし、車検代金というのは、総合的に見ればかなり費用がかかっているんです。

 

車を300万円で購入しました。新車です。
この車を10年乗るといましょう。
この10年間のうちに訪れる車検の回数は5回。
たった5回ですが、車検の費用は1回あたり平均20万円。
10年回で約100万円の出費ですね。

 

つまり、車検は避けることができませんので、
車の購入費用は10年で見ると400万円ということになります。

 

ただ、同じメンテナンス内容で1回あたり平均15万円で車検を通してくれる業者が
あるとしましょう。
すると、15×5=75万円。
新車の購入額が300万円ですので、10年乗るつもりで購入すると、
375万円となります。

 

先ほどの例と比べて見ると25万円の差。
みなさん10年と言う長い年月で見るので、この25万円という差を軽視しがちになりますが、
今手元からこの25万が消えて見てください。
かなり苦しいですよね?
それだけ車検の代金は毎回考えないといけないということです。

 

もちろん、安ければ安いほどいいというわけではなく、
安ければそれなりのメンテしかしない業者もあります。
信頼できてそして安い、そんな業者をみつけることが大切です。

 

そろそろ車を乗り換えると言う方は、下記のHPも参考に。

10万キロで車は買い替えるべきだ。
なんて日本では定説化していますよね。
なので10万キロで車を買い替える人が多く、この数値1つのラインとなっています。

 

この10万キロで買い換える説。どのような理由があって10万キロなんでしょうか。
ちょっとその辺りを解説してみたいと思います。

 

最初の挙げられるのが、タイミングベルトの交換。
10万キロにもなると、車のタイミングベルトの交換時期になります。
このタイミングベルト、物自体は安いのですが、エンジンを一旦車から降ろさないといけないため、
工賃がかなりの高額となっております。

 

また、タイミングベルトの交換とともにウォーターポンプも交換しなければいけません。
そうなってくると、交換費用は安くても4万円かかります。

 

ですので、10万キロの車に4万円の出費もするようなら、
買い替えた方がいい。というのが1つの理由です。

 

故障も多くなる

 

次に挙げられるのが、10万キロを境に故障が多くなると言う説です。
ほとんどの方は、ディーラーの12ヶ月点検なんかしていないでしょう。
車検で定期交換部品を交換するだけだと思います。

 

そうなってくると、やはりメンテナンス不足で色々な箇所に負荷がかかってきますので、
10万キロ程度で故障する箇所が激増します。
今までどおり何事もなく快適なカーライフ・・・
というわけにはいかないでしょう。

 

故障のタイミングも違いますし、それぞれの修理費用もまちまち。
精神的にも経済的にもきつくなってきますので、買い替えのタイミングだと
されている説。

 

10万キロで買い換えた方がいいと言われている理由は以上となります。
ただ、ディーラーの定期点検も受けて、しっかりメンテナンスしている方は、
10万キロで買い換えてしまうのはもったいないでしょう。

 

あくまでも、あまりメンテナンスをしていない方の、買い替えの基準となりますので、
お間違いなく。